20代後半の悩みや、広めたい内容を発信しています!

オトハピ

20代後半の悩み

人数少ない職場を辞めたい!今すぐ確実に退職を叶える方法

人数が少ない職場を辞めたい!今すぐ確実に退職を叶える方法

「人数が少ない職場で辞めれない毎日、でも限界だから仕事を辞めたい・・・」というときは、労働組合が運営する退職代行サービスがおすすめです。なぜかというと、且つ直ぐに相談(365日24時間運営)ができて、会社に出社することなく確実に退職ができるからです。

退職代行サービスの流れは下記の通りです。費用はかかりますが、めんどくさいことも対応してもらえるので安心できます。

  1. 直ぐ相談(LINE・無料電話・無料メール)
  2. 相談直後から退職手続きスタート
  3. 退職手続き終了で無事退職

気になる有休や残業代なども、労働組合が運営する退職代行サービスなら交渉ができるため、手続き上の心配をする必要がありません。すべてを任せて顔を合わせることなく退職が決まり、希望があれば転職先の相談もできます。

いま『仕事を辞めたい』を叶えるなら、労働組合が運営する退職代行サービスに相談がおすすめです。

どうしても退職が切り出せない人だけ利用してください

労働組合が運営する退職代行サービス 公式サイト

人数が少ない職場を辞めたいけれど我慢している

あなたは、毎日忙しい仕事に追われながらこのような悩みを抱えていませんか?

人数が少ない職場だから、辞めることを言えないあなたはすごく真面目なんだと思います。どうすこともできないと悩む毎日は辛いですよね。

職場に人がいなくて退職を言い出せない

人が足りなくて退職を言い出せなかったら、さらに先伸ばしをしてしまってもっと疲れる可能性があります。これ以上の職場環境が悪化すれば、あなたの負荷はさらに高くなりそうです。

残った人に迷惑がかかってしまう

他人を思いやる気持ちも大切です。けれども、あなたにはあなたのこと心配している友人や家族もいます。まずは、あなたが新しい環境で安心して、一緒に家族や友人を安心させるをお考えください。

私はサラリーマン27年目で、何度か職場のキーマンが退職する状況にあいました。職場に必ず必要とされる同僚が職場から居なくなっても、ほぼ影響なかったです。本当に大丈夫なんですね。だから、残った人の迷惑を考えるよりも、ご自身に優しくしてあげてください。

人員不足で一つひとつの負荷が高い

もう限界ということも・・・。今まで頑張ってこれたことが凄いと思います。毎日辛かった状況からの解放はあなたの新しい生活のはじまりです。

逃げているようで罪悪感を感じてしまう

先に辞めることで罪悪感を持つケース。辞めていいんですよ。あなたが責任を感じる必要はありません。退職はいつしても大丈夫です。

人数が少ないことを気にしているといつまでたっても辞められない

いまのまま悩み続けても状況は変わりませんし、いつまで経ってもつらい職場を辞めれません。いまはギリギリで耐えられているけれど、いつ疲れがピークに達して体調を崩すか、わからない状態とも言えます。

また、人数が少ない職場環境は周りの同僚も同じ条件です。あなたと同じように辞めようと思っていたら、同僚が勝手に辞めていくことだってあります。

人がいない職場で我慢を続けた結果、あなただけが損をすることだって考えられますね。

周囲も大変な状況を心配していると思うので、あなたは今の状況を打開していきましょう!

『人手不足が理由で仕事が辞めれない』はありえません

『人手不足の職場だから辞めれない』はありえないので、安心してください。なぜなら、民放627条のとおり労働者の権利で人手不足でも『退職します』と言えるからです。会社が認めた日に退職となるため、早い人で即日退職もあります。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。
出典:e-GOV

ご自身で退職の意思を伝えるのが一番ですが、言いづらいときは退職代行サービスがおすすめです。たしかに退職代行を利用する費用かかりますが、確実に退職できるメリットと明るい明日があると考えてみてください。

退職代行の費用がかかるけれど今の職場から解放される

退職代行サービスを利用する4つデメリット

  1. 退職代行の費用がかかる
  2. 退職代行サービス選びに失敗
  3. 会社に訴えられるリスク
  4. 引継ぎのことで会社から文句を言われる

退職代行サービスを利用する上でのデメリットをチェックしてみましょう。

退職代行の費用がかかる

費用がかかったとしても精神的な辛さからの解放はメリットが大きいです。場合によっては、新しい就職先で年収アップが期待できます。

退職代行サービス選びに失敗

退職代行サービスのトラブルは選んだ会社の失敗です。労働組合が運営する退職代行サービスならば、あなたの勤め先と交渉ができますし確実に退職できるので安心して依頼ができます。

会社に訴えられるリスク

労働組合が運営する退職代行サービスならば、会社と交渉が出来ますし実績も十分です。また、民法627条の通り法律で守られています。どうしても不安な方は最初に。労働組合が運営する退職代行サービスの無料相談を利用してみてください。

引継ぎのことで会社から文句を言われる

文句を言ってくるような会社は『ブラック企業だよ』といっているようなものです。引継ぎに関しても法律上の義務はないので、解約の申し入れ後2週間で退職です。交渉ができる代行サービスであれば、退職代行サービスが対応してくれるので安心してください。

あきらめていた退職が叶う未来

退職代行サービスを利用する5つのメリット

退職代行サービスを利用したメリットをチェックしてみましょう。あなたの近い未来をイメージしてみてください。

ブラックな職場をやめることができる

一人では切り出せない、言えないような会社に対して退職代行サービスがすべて対応するのであなたの退職が叶います。上司と顔を一切合わせることなく退職ができます。新しい一歩が踏み出せます。

退職代行に依頼した日から仕事にいかなくてよい

人手不足で緊張した毎日だったのではないですか。退職代行サービスに依頼したその日から仕事にいかなくてよくなります。つらい日々からスパッと切り替えができます。

次の転職先も相談できる

ご希望があれば転職先の相談ができます。スパッとやめてあなたの理想的な職場選びやってみましょう!

新しい職場で楽しい生活

これまでは、時間がなくて味わうことのできなかった趣味や、やりたい仕事を選んで充実した生活が毎日送れます。ご自身の笑顔いっぱいの日々を考えてください。

現在の仕事からの解放

毎日がつらい、先行きが不安だった職場からの解放は、明るい未来がつくれます。退職で面倒なことも代行サービスが全部やってくれるので安心です。

人がいない状況は会社の責任だからあなたが悩むことではない

仕事に対して人数が足りない状況は、あなたが悪い訳ではなく会社の責任です。そもそも困る状況を作っている会社に問題があって、一労働者が人手不足で悩むこと自体がおかしいのです。

真面目な人は自分が悪いと思いがちですが、あなたは決して悪いわけではありません。いまは、前を見て進んでいきましょう。明るい未来への第一歩と思ってください。私は応援しています。

この記事のまとめ

人数が少ない職場で仕事を辞めたいけれど、辞めれない人とって確実に辞める方法は、労働組合が運営する退職代行サービスを利用した退職です。

労働組合が運営する退職代行サービスならば、交渉ができて給料や残業代も支給されます。ご自身でどうしても退職を切り出せないときは、下記を参照くださいね。

\24時間365日対応だからすぐに相談できます/

労働組合が運営する退職代行サービス 公式サイト

-20代後半の悩み
-,

© 2021 オトハピ