あなたの悩み、知りたいことを解決します。たしかな情報を知りたい方は、ぜひチェック!

オトハピ

競艇

【ボートレース】歴代最高配当76万舟の1着レーサー黒明花夢とは!

ボートレース歴代最高76万舟

歴代最高の万舟が2022年11月1日にボートレース児島、第7Rで出ました。

1着でゴールインした選手は、125期の黒明花夢(くろみょうはなむ)選手です。

この記事では、黒明花夢選手と76万舟のレース内容を紹介します。

スポンサーリンク

歴代最高の76万舟の1着レーサー黒明花夢選手とは


2019年の11月にデビューした岡山支部の125期黒明花夢選手。見た目や話し方は、ボートレーサー?という印象を持ちました。笑顔がとても、かわいい女子レーサーです。

スポーツに係わる仕事に就きたいという思いと、元ボートレーサーだったおじいちゃんの影響でボートレーサーを仕事に選んだ女子です。

今回のレースで今年の1着回数は3回目。この結果は、直近4ヶ月以内で1着を3回とっていて、舟券に絡む回数も徐々に増えてきました。

ボートレーサーと言うのは、一つのきっかけで大きく成長しますので今後も期待したいですね。

黒明花夢選手のおじいちゃんはあの偉大な選手

黒明花夢選手のおじいちゃんは、元SGレーサーの黒明良光さん

元ボートレーサー黒明良光さんは、通算勝ち数2049勝のトップレーサーでした。

2回のSGは、1985年に開催されたボートレース平和島のSG第20回ボートレースクラッシックと1989年に開催されたボートレース下関のSG第16回ボートレースオールスターです。

SG優勝回数 2回
G1優勝回数 18回
通算勝ち数 2049勝

歴代最高配当76万舟のレース内容とは

選手 勝率 節間成績
1 中北 涼 4.54 561エ4
2 寺田 千恵 7.08 113222
3 片岡 恵理 5.21 462345
4 日高 逸子 6.15 2312312
5 今井 裕梨 6.28 12412
6 黒明 花夢 2.40 3F66

このレースのメンバーは、4日目までオール3連対の2号艇寺田千恵選手と4号艇日高逸子選手、最近乗れている5号艇今井裕梨選手といった黒明花夢選手にとって強敵が揃っていました。

レースは、枠なり3対3黒明花夢選手は、6コースからスタートタイミング0.17でスリットを抜けます。(2日前にフライング)

まずは、寺田千恵選手が2コースまくりに行きますが流れます。スペースができたインを日高逸子選手がまずまわり、黒明花夢選手が続きます。

1周目バックは、1⇒4⇒6

1周目2マークで、1号艇中北涼選手と4号艇日高逸子選手が競り合った隙に、最内をまわってきた6号艇黒明花夢選手前に追いつきます。

2周目1マークで6号艇黒明花夢選手が先にまわってトップに立ちそのままゴールインしました。

ボートレース76万舟は何番人気?【確定オッズ】

119番人気歴代最高万舟のオッズ
強くて今節成績が良い選手VS黒明花夢選手で、圧倒的に6番絡みが売れていませんね。

さらに、2日前のフライングも重なり6号艇が売れないのは、誰が考えても同じだったでしょう。

絵の通り119番人気の7618倍がボートレース歴代最高配当になりました。

さいごに

黒明花夢選手は、とても良いレースをしたと思います。

良いレースを経験した1つのきっかけがボートレーサーの成長に繋がります。

レジェエンド今村豊さんがおっしゃった言葉なので、間違いありません!

黒明花夢選手、怪我とフライングに気を付けて走り続けてほしいです。

-競艇
-,

© 2022 オトハピ