あなたの悩み、知りたいことを解決します。たしかな情報を知りたい方は、ぜひチェック!

オトハピ

20代後半の悩み

高卒が工場を辞めたいと思う6つの理由!おすすめの未来3選

高卒で工場を辞めたいのは『あるある』スキルアップで勝ち組になろう

この記事では「高卒が工場を辞めたいと思う6つの理由」「工場を辞めた後」「工場を辞めた後のおすすめの未来3選」について解説しています。


就職Shopの詳細を見る≫

高卒が工場を辞めたいと思う6つの理由

これら6つは、高卒が工場の仕事を辞めたい理由です。一つ一つみていきましょう!

体と心がきつい

高卒が工場を辞めたいと思う1つ目の理由は、仕事の内容がハードで『心と体にダメージを受けている』ときです。心と体のケアは、配置転換によって負荷が少ない部署に異動させてもらうのが一つの解決策になります。ただ、簡単に業務内容を変えてもらえないですし、移動する部署がないっていうのが現実ですよね。どうしても会社に行きたくないとき(行けない)のであれば、長期休養も検討されてください。

将来に不安がある

高卒が工場を辞めたいと思う2つ目の理由は、安い給料や会社の存続自体が危ない状況で『将来に不安がある』ケースです。会社の将来については、上司や職場の先輩から情報を集めて見極めてくださいね。もし、会社がやばいという不安が大きくなったら、早めに転職を考えてもおいたほうが良さそうです。私が勤めている工場でも、会社の存続危機になって次々と退職者が出たので、不安がある方は転職の準備も視野にいれましょう。

人間関係が合わない

高卒が工場を辞めたいと思う3つ目の理由は、職場の『人間関係が合わない』ときです。人間関係のストレスというのは精神的に辛いですよね。私の工場でも人間関係が合わない若手が転職するケースが度々ありました。

解決策は配置転換や退職を考えてみてください。精神的に追い込まれたら、仕事が続けられなくなる場合があります。ご自身のために早く行動がおすすめです。

いま人員不足でやめれないや、上司が怖くて「退職します」と言い出せないときは、労働組合が運営する退職代行サービスを使うのがおすすめです。会社に出社することなく、また上司に会うことなく退職できます。会社と交渉ができるので、給料や残業代の支払いも適切に対応してくれます。

仕事の内容が合わない

高卒が工場を辞めたいと思う4つ目の理由は、今現在の『作業の内容』が合わないときです。高卒というのは、募集用紙一枚で就職先を決めるので会社に入ってからはじめて仕事内容が合わないことに気付きます。

今の工場で一生我慢か転職かあるいは、大学や資格を取得していかす、などが考えられます。話せる同僚がいたら相談してみてくださいね。考え方の変化で工場を続ける選択も残っていると思います。

他にやりたいことが見つかった

高卒が工場を辞めたいと思う5つ目の理由は、『他にやりたいことが見つかった』ので違うことをして未来を変えたいと思ったときです。前向きな工場を辞めたい理由なので、具体的に辞める時期を計画してもいいですね。

勉強してスキルアップしたい

高卒が工場を辞めたいと思う6つ目の理由は、『勉強してスキルアップしたい』ときです。社会人まで勉強してきた人より、社会人になってからも学んだ人が勝つ世の中なので、ぜひチャレンジをして可能性を広げてください。

工場勤務を辞めるときの今後について

工場勤務を辞めたいと考えたら、少し先を見据えなければいけません。お金や新しい生活に関してなど、工場を辞めることでご自身に起こることを想定しておきましょう!

勤続年数が短い不安

勤務年数が短いと社会人になってからの経験が少ないため、ビジネスマナーや働くスキルが未熟という意見がありますが、不安を抱く必要はありません。

またご自身に『3年間働く』などのしばりを設ける必要もありません。なぜなら、勤務年数が短くても必ず転職はできるからです。新たな場所でビジネスマナーや働くスキルを身につければ問題ありません。

私は就職して2年目に工場を辞めたいと考えました。しかし、辞めたい考えはなくなり工場に残りました。明確な目標がない限り、今の仕事をもう一度見つめ直すのもアリです。ご自身の未来がはっきり定まってから、転職やスキルアップを考えても遅くはありません。

次にもらえる収入までの不安

今の仕事を辞めると、次にもらえる収入までが不安になりますよね。新しい収入が入るまでの考え方は、貯金を使う、あるいはすぐ働けるようにハローワークや転職サイトの利用があります。場合によっては、失業保険を申請するのも選択肢に入れてください。

きちんと未来予想図をつくろう

とりあえず工場を先に辞めるというのは、からだを休める人や、つらい状況から抜け出す人以外はよくありません。

なぜなら、設計図のない家がきちんと建たないのと一緒で、より明るい未来に向けて『どこで』『何をして』『何になるか』の明確な未来予想図が必要だからです。

新しい就職先では、ご自身が譲れない仕事内容であったり、夢に向かう仕事でだったり『求めるものが必ずある職業』を選ぶことで、次のステージが確実なものになります。

工場を辞めた後のおすすめの未来3選

システムエンジニア

システムエンジニアの魅力は、プログラミングやシステムのスキルを付けることで、学歴問わず必要な人材になれます。個のスキルが企業に役立つためやりがいを感じられます。

企業に入りチームの中で業務を遂行していくためのコミュニケーション能力は必須です。クライアントとの交渉やプロジェクトの設計など、常に学習しながらのスキルアップが求められます。スキルアップを積み重ねれば、男女関係なくキャリアを上げていくことができます。

営業職

仕事の成果を出した分だけ評価さるのが営業職です。頑張った成果が数字として残り、上司や周囲にアピールできます。誰が見ても評価がわかるため、営業成績がモチベーションupにつながり仕事に対してやりがいを感じます。

人間関係の構築や売れないことへのプレッシャーに勝つなど、強いメンタルがいる職種です。私の先輩で成功を成し遂げた人は、圧倒的な英語能力を武器にして、高卒でありながら企業の上へ昇って出世しました。

派遣の仕事をやりながらスキルアップ

派遣の仕事でしっかり稼ぎつつ、スキルアップを目指す選択です。

具体的にスキルアップというのは以下の3つです。

  1. プログラミングの勉強
  2. 動画編集の勉強
  3. 英語の勉強

プログラミングは、入りこむまでが難しいのですが中に入りこんでいくと面白い世界なのでやる価値があります。難しいからこそスキルを付けることに意味があります。

動画編集も需要があるスキルの一つです。身につけた動画編集の技術で仕事の案件を個人で受注して、お金を稼ぐことができます。たとえばスキルオンラインマーケットのココナラでは動画を編集してもらいたい人と、動画を編集できる人がマッチングできるサイトで仕事を受注できます。

英語も生かせる分野の一つです。英語に関してはいまの工場での海外の勤務や、営業分野に活かしていくという選択肢が残っていると思います。圧倒的な英語力があれば『英語+営業』で学歴関係なく出世の期待が持てます。

まとめ

高卒で工場に就職して2年目くらいで「辞めたい」っていうのは誰しもあると思うんです。

辞めるか辞めないかは、進みたい道にどれだけ強い気持ちがあるか、未来が描けているかです。成功する人はみんなやり遂げる力があります。

ご自身が新しいことへチャレンジして『やってやる気持ちが強い』ならば今行動することを強くオススメします!

働きながらエンジニアのスキルを身につけたい

システムエンジニアについて興味あるけれど、どこから学んでいいかわからないときは初心者が学べるUZUZの講座がおすすめ。UZUZなら、一人一人に合わせた学習プログラムがあるので、プログラマーとしての基礎が学べます。詳しくは見て頂いた方が早いので下記を参照くださいね。

\無料の個人説明会で話をしてみよう/

ウズウズカレッジの詳細を見る≫

-20代後半の悩み
-,

© 2021 オトハピ