オトハピの中の人は、明るく楽しいことが大好きな40代。実は『こんな方向性もあるよ』を当ブログで紹介中なので、ご覧ください!

オトハピ

20代後半の悩み

火災保険のうまい使い方を図解で徹底解説!お家のドクターがオススメ

火災保険のうまい使い方を図解で徹底解説!無料修繕か保険金をもらう

火災保険とは火災を含めた自然災害に適用される保険です。あなたが気になっている火災保険のうまい使い方を図解でわかりやすく徹底解説します。火災保険の賢い使い方は「無料修繕」あるいは「保険金をもらう」です。

せっかく支払いをしている保険なので、この機会にきちんと使ってみましょう!


⇒お家のドクターの詳細を見る

火災保険のうまい使い方は『無料修繕』あるいは『保険金をもらう』

火災保険を上手に使うのは、きちんとした会社にお願いをして建物を修繕するか、あるいは手元に保険金を残すのがオススメです。けれども、個人では以下ような4つ不安があります。

個人で対応したときの4つの不安な点を、一つひとつ見て行きましょう。

手続きが複雑

火災保険の申請書類は、具体的にいつ被災したのか被災した状況や原因を書類で証明しなければなりません。たとえば以下のような書類を作ります。

  • 保険金請求書
  • 修理見積書
  • 罹災証明書
  • 損害明細書
  • 事故内容報告書
  • 修理見積書
  • 写真

代理業者のサポートがあることで、きちんと必要書類が分かり且つ申請書類の作成が出来ます。

被災と経年劣化の判断

家の傷が、被災による原因でできた傷なのか、経年劣化によるものかの区別がつかない可能性があります。

いつできたかわからない家の傷は、判断に悩みます。

高所作業が危険

被害状況を確認するのが高所作業になれば、被災場所の写真が必要です。高い場所は安全に登るために足場がいります。無理して慣れない作業をして、落ちるリスクはさけたいですよね。

業者に任せることで安全かつ、正確に被害状況がわかってきます。

見積もりで損

素人では被災した場所がわかっても、被災の状況まではわからないので破損個所を見逃してしまいます。つまり、本来なら申請対象になる被災箇所を見逃すことで損をしてしまうのです。

たとえば、被災箇所が素人は5か所、専門職は30か所となれば大損ですよね。せっかくの申請なので損はしないようにしましょう!

これらの4つのことから、火災保険の申請から修繕までを行ってくれる会社にサポートしてもらうことで、家の被災に対して正しい判断で火災保険の申請ができます。

火災保険申請を代行でお願いする流れ

火災保険の申請で業者を使う流れ
火災保険申請を依頼したときの火災保険の申請の流れです。火災保険が認定されると工事をするか、あるいは工事をキャンセルして業者に手数料(キャンセル料金)を支払い、払った後に保険金が残ります。一方で、認定されないときは保険金は下りません。

上の図は、火災保険の申請から修繕までをお願いできる『お家のドクター』を参考にした図なのですが『無料修繕』と『保険金をもらう』のどちらも選べる業者で年間実績1,000件、火災保険の申請サポートにオススメの会社です。

お家のドクターのメリットを活用しよう!

お家のドクターにお願いする流れ

  1. 申請手続きのサポートがある
  2. 保険金が下りないときは無料
  3. 保険金で実質0円で修繕
  4. もらいそびれていた使い道自由なお金がもらえる
  5. アンケートに答えて5,000円もらえる

お家のドクターにお願いして火災保険の申請が認められれば『無料修繕』『保険金をもらう』のどちらかになります。お家のドクターは保険金の金額内で修繕をするので無料修繕です。保険金が下りないときは、すべての費用がかかりません。

手料金は高い所で50%の業者もあるので、お家のドクターの手数料金は一般的です。

さらに、今なら実地調査後のアンケートに答えて5,000円がもらえるので、5,000円もらえて家が無料で修繕できます。

\築3年以上の人だけご確認ください/
⇒お家のドクターはこちら

お家のドクターのよくある質問

保険申請可能な箇所がなかったときの手数料は?


費用は一切かかりません。


申請後に建物を修繕しないとき、保険金はどれくらいになるの?


保険金の39.8%(手数料)を除いた金額が残ります。


保険金は自由に使えるの?


残った保険金は自由に使えます。


家以外も対象なの?


ビル・マンション、アパート、旅館の大型建物や施設で火災保険あるいは地震保険に入っている物件をお持ちの方も対象です。


保険を使ったら保険料が上がったりしない?


火災保険を利用して保険金が下りても保険料は変わりません。


田舎だけど大丈夫?


お家のドクターは全国で対応しています。


火災保険の申請はいつまで?


火災保険の申請は被災から3年以内なのでお早めにです。

まとめ

火災保険のうまい使い方は、きちんとした会社にサポートしてもらい『無料修繕』あるいは『保険金をもらう』です。

加入している火災保険で、貰いそびれているお金を今から活かしましょう!

詳しくは下記参照ください。


⇒お家のドクターの詳細を見る

-20代後半の悩み
-,

© 2021 オトハピ