あなたの悩み、知りたいことを解決します。たしかな情報を知りたい方は、ぜひチェック!

オトハピ

20代後半の悩み

社会人の髭剃り頻度は出社前の1日1回!青髭が目立つときは2回!

社会人の髭剃り頻度は出社前の1日1回!青髭が目立つときは2回!

社会人の髭剃り頻度は、出社前の1日1回が適切。ただ、仕事終わりに食事会やデートに行く前は青髭が目立っているので1日2回がオススメです。

なぜなら、女性が男性に対して1番魅力を感じるのは清潔感だから!

いつも清潔感のある男でいるためには、適切な髭剃りの頻度を大切にしましょう!

この記事では「社会人の髭剃り頻度の解説」を解説しているので、ご覧になられてください。

\自分でできるから安い脱毛サロン/
業界最安値保証のレイロール
施術100万人突破の実績

社会人の髭剃り頻度の解説!

清潔感がある男性をアピールするためには、毎日髭をきちんと剃ってから出社したほうが確実ですね。はっきり言って髭剃りは、めんどくさいですけど女性モテるためにも必須です。女性に本当にモテるか知りたい方はこちらの記事

「髭が剃られている?」というのは、男性女性に係わらず見ている人はしっかりと確認しているので、剃り残しに気をつけて『清潔感のある男』をアピールして行きましょう。身だしなみについては、自分のいないところでイロイロ話されても困りますので。

髭が濃いとアフターファイブの食事や飲み会で朝剃った髭が伸びてきて、青髭が気になりますよね。こんなときは、夕方2回目の髭剃りをしましょう!私自身も夕方から人に合う際は、2回目の髭剃りを実践しています。

1日2回剃るときは、間隔が短くなると肌が荒れが気になったり、剃りにくかったりするため、出勤前より早い時間に1回目を剃って2回目との髭剃り間隔をあけるのがポイントです。

無精ひげをどのように感じているか他の人口コミも確認してみましょう!

髭剃りに関するTwitter上の口コミを確認してみました。身だしなみを整える中に髭剃りは完全に含まれていて、清潔感がある男性と思われるためには、人と会う前に必ず髭を剃っておきたいですね。

きれいにしてモテる男性を目指しましょう!

髭剃りはどっち?髭剃り歴30年以上の答えは電気シェーバー1択です

項目 電気シェーバー カミソリ
清潔感
肌にやさしい ×
導入費用 ×
使いやすい ×

髭剃り歴30年の経験上は、圧倒的に電気シェーバーがいいですね。なぜなら、使いやすくて肌に優しいからです。電気シェーバーに変えてからは、カミソリに戻りたいと思ったことは一度もありません。

清潔感

髭の濃さで変わりますが、仕上がりはどちらも良いですね。カミソリは深剃りしすぎて剃り跡が残るときがあるので若干マイナスです。

肌にやさしい

電気シェーバーの方が肌に優しいですね。髭を剃った後に肌荒れがありません。

導入費用

1万円~3万円の電気シェーバーを使ってきたので、買い替え時に電気シェーバーは高いですね。ただし、モーターが壊れるまでは刃先を交換しながら、ずっと使えるのでコストパフォーマンスは良いです。

使いやすい

電気シェーバーは、シェービングクリームがないので、すぐにパッと髭剃りができて簡単で扱いやすいのがいいですね。

髭のメリットデメリット

髭のメリット

髭好きに女性に好かれる

女性の中には髭好きの人もいます。ただし、あなたが好き人なる女性が髭好きになるかは別問題。私自身は、髭があって良かったことは正直に言って1度もありません。一方で、髭のデメリットは主に以下の3つです。

髭のデメリット

  • 出かける前の髭剃り時間がムダ
  • 髭があると見た目が悪い
  • 伸びてくると青髭顔が目立つ

髭は百害あって一利なし!髭剃り歴30年の私自身が感じている正直な気持ちです。

もし、めんどくさい髭剃りの時間が気になっている方は・・・

毎日のムダな髭剃り時間や青髭の見た目は、脱毛サロンが解決する時代です。

深刻な悩みを解決してくれる場所だからこそ脱毛サロンは人気となっています。とは言え、髭脱毛は料金もかかるので簡単ではないですよね。

そこで、業界最安値保証の脱毛サロンレイロールならば他サロンよりも安く施術できるので試す価値アリです。

詳しくは公式サイトを見ていただいたほうが早いので下記参照くださいね。

\本当に髭脱毛がした人だけ見てください/
今すぐレイロールの公式HPを確認する≫
男性専用マシン

まとめ

清潔感のある男でいるために、社会人の髭剃りの頻度は出社前の1日1回、アフターファイブに予定がある日は1日2回です。

家で髭剃りするときにおすすめのアイテムは

電気シェーバー >>>>> カミソリ

深刻な髭の悩みがあるのであれば、業界最安値保証で実績のある脱毛サロン、レイロールを考えてみてくださいね。

-20代後半の悩み
-, ,

© 2022 オトハピ